上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LabVIEWプログラムから偏光モードが切り替わらないとのことで確認してみると、デバッグ時に誤って動かさないようにFalse指定していたコードが残ってた。 プログラム開発時には、作業ノート書いておかないとすぐ忘れるな…

スポンサーサイト
テーマ:日記
ジャンル:日記

EPICS R3.14 Channel Access Reference ManualFirewallsにちゃんと書いてあるんだけど、EPICS on Linux使って通信する場合、iptablesでポート開放してやる必要がある。

CAクライアントの場合は

-A INPUT -s 192.168.0.0/22 -p udp --sport 5064 -j ACCEPT
-A INPUT -s 192.168.0.0/22 -p udp --dport 5065 -j ACCEPT
CAサーバーの場合は
-A INPUT -s 192.168.0.0/22 -p udp --dport 5064 -j ACCEPT
-A INPUT -s 192.168.0.0/22 -p tcp --dport 5064 -j ACCEPT

マニュアルはちゃんと読まないとダメだな…

テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ

目標

  • Scientific Linux + EPICSインストール
  • LabVIEW FPGAで32bit SerDes作成

結果

EPICS baseコンパイルのみ。クライアント類はコンパイルできず。

SerDesはテスト環境を作るのが面倒なので、チェックを先送り

テーマ:日記
ジャンル:日記

今日の目標

  • 顕微鏡システムのソフトウェア部分の大枠を作成
  • 論文修正してメール

LabVIEW FPGAではじめる計測・制御』という本が出ていたので、さっそく注文しておいた。

論文修正は夏季休業へ後回し。プログラム大枠にも手をつけられず…分からないところで時間が取られてる。Scientific Linuxはインストール完了。
テーマ:日記
ジャンル:日記

タスク

  • NI cRIOでEPICS Serverを動かす

全く動作する気配がない。とりあえず、シェア変数が使えてるのか調べるために、 昨日、Interactively Configuring an EPICS Client & Server Using LabVIEW DSC Moduleを参考に作ったサンプルを動かしてみたら、これも動かず…

どうも、EPICS通信を動作させるためには、NI分散システムマネージャを起動して階層を開き、シェア変数の値をモニタしておかなければならないようだ。

テーマ:日記
ジャンル:日記

LabVIEWでEPICSを探していたら、 Interactively Configuring an EPICS Client & Server Using LabVIEW DSC Module が見付かった。とても分かり易い。

テーマ:日記
ジャンル:日記

目標

  • LabVIEWでEPICS通信試す
  • NI cRIO 9075でピエゾ駆動プログラム作成
テーマ:日記
ジャンル:日記

目標

  • FPGA Spartan-6ボードを何かしら動かす
  • NI cRIOで意味あるプログラムを作成

結果

ネットで見付けた『Spartan-6 LX9 MicroBoard で未経験者シンプルHDLお試し』を試す。動いた。これらの設定を本当の素人がやろうとすると無理な気がする…

cRIO 9075でスイッチ押すとカウントアップするカウンタ作成。何故かcRIOと通信できないと思ったら、他グループに電源引っ込ぬかれてた。ぐぬぬ。

テーマ:日記
ジャンル:日記

AVNET Japanが開催したX-fest2012に参加。思っていたより参加者が多かった(400人?)。FPGAが注目されている証左だろうか?

テーマ:日記
ジャンル:日記

今日の目標

  • ISEチュートリアルを元に、Spartan-6 FPGAボードのサンプルを動かす
  • ホームページ案作成

結果

National Instrumentsのモジュール型FPGAシャーシ NI cRIO-9075とモジュールが届いたので、開発をLabVIEWへと移す。

ホームページは、コンテンツが無いことに気付き断念…

テーマ:日記
ジャンル:日記

目標

  • Xilinx Spartan-6 SP605評価ボードを動かす

結果

スタートアップガイドを参考に電源を入れ、Base Reference Designを実行し、Ethernetをつなごうとするもつながらず。XilinxのQ&A 開発ボード - Windows 7 の BRD GUIによるとWindows7だと動かないとのこと…

当方の環境では、SP605のBase Reference Designをやってみたのコメント欄の通り、SW1をM0=OFF, M1=ONにしても、ボードとコネクトしなかった。Windows7 64bitがダメなのか?

SP605のBuilt-In System Testをやってみたの通り、BISTは当方でも動作した。問題無し。

SP605でMIG試そうとするも、ISE14.1と以前のバージョンが違い過ぎて、素人には難しい。Isimの利用まで辿りつけん…

テーマ:日記
ジャンル:日記

先端加器科学技術推進協議会 第26回 技術部会「最新デジタル制御技術の加器への応用」に参加してきた。制御するものが違うけど、リアルタイム計測&制御という点では同じでした。要求時間の桁が違うけど…

テーマ:日記
ジャンル:日記

目標

  • LabVIEW FPGAで簡単な回路を作成

結果

NIのビデオ見ながらLabVIEW FPGAでカウンタプログラムを作成。Cモジュール無しでPC上でVIを走らせると、無駄にカウントするカウンタとして動作した。コンパイルして実機で動かしてみたい。

Quadrature Encoder Velocity and Acceleration Estimation with CompactRIO and LabVIEW FPGAを、cRIO 9075用に修正してコンパイルしてみる。エンコーダだけでなく、モータードライブ部分も追加したい。また、エンコーダ情報を受けてPC上のLabVIEWで結果を表示するプログラムなのだが、cRIO上のReal Time OS上に機能を移し、クローズドループにしたい。

テーマ:日記
ジャンル:日記

目標

  • Spartan-6 SP605評価ボードを使用してみること

結果

LabVIEW FPGAがどうすればインストールされるのかで悩み、SP605の起動には至らず。NI-RIOをインストールすることで、LabVIEWのプロジェクト選択画面にFPGA選択現る。

テーマ:日記
ジャンル:日記

今日の目標

  • FPGA制御・計測システム再検討

結果

Zynq ZedBoardで制御・計測システムを構築できないか検討。PowerPointでポンチ絵作成。出来そうだが、自分一人では無理…

テーマ:日記
ジャンル:日記

今日の目標

結果

本棚完成。FPGA本2章まで読む。銘柄は持ち越し。

テーマ:日記
ジャンル:日記
さっそく日記を1日飛ばしてしまった…

今日の目標

  • FPGAボード仕様について細かく検討。アナログ、デジタル入出力、端子等をどうするか?
  • 余った時間でLabVIEWプログラム。STARS化は諦めて、EPICS化を進めるべきか?
  • 論文修正………

結果

FPGAボード仕様のポンチ絵を作成。具体的な信号についても調べたが分からず…。メールで問い合わせ中。

LabVIEWは余った時間が取れず、先送り。論文修正は……………

テーマ:日記
ジャンル:日記

今日の目標

  • ちょっと控え目に…1行だけでも論文を修正する。
  • FPGAボード仕様スライド修正 ← これはMustで…
  • 余った時間でLabVIEW制御プログラムをSTARS化
テーマ:日記
ジャンル:日記

今日の目標

  • LabVIEWプログラム修正。実機じゃないと動かないので、ほどほどに。
  • FPGAボード仕様修正。←コレ大事
  • 論文修正着手
  • 家に帰り、風呂に入る。

結果

LabVIEWプログラムはSTARS化を検討。

FPGAボード仕様、論文はそれぞれファイルを開くところまでで、修正まで至らず。どうもマルチタスクは無理っぽい。

今日の達成は、家帰ってきて風呂に入ったことだけ…

テーマ:日記
ジャンル:日記

今日の目標

  • Heidenhain IK220処理部分以外の分光器制御LabVIEWプログラム完成
  • FPGA制御システムの概要PowerPoint修正

結果

LabVIEWは大枠だけ完成。動かず…。PowerPointはファイルすら開かず…。論文修正も忘れていたので、明日以降対応。

テーマ:日記
ジャンル:日記

昨年のノーベル物理学賞の対象だったグラフェンに関するnature主催の会議 "Graphene: The Road to Applications "ボストンで開かれるようだ。 近ければ行きたかった。

テーマ:サイエンス
ジャンル:ニュース

東北大学 省エネルギー・スピントロニクス集積化システムセンター (CSIS)主催の国際シンポシウム "The 1st CSIS International Symposium on Spintronics-based VLSIs and The 7th RIEC International Workshop on Spintroics (PDF)が2/3,4に東北大学 電気通信研究所で開かれます。 国内外のスピントロニクス研究グループや、三星電子やクアルコム、東芝といった最先端企業が講演を行います。

3rd Feb. Thursday

  • Shunsuke Fukami (NEC)
  • Gilles Gaudin (Spintec)
  • Shoji Ikeda (Tohoku University)
  • Andrew Kent (New York University)
  • Hyun-Woo Lee (POSTECH)
  • Kyung-Jin Lee (Korea University)
  • Dejan Markovic (UCLA)
  • Claudia Mewes (University of Alabama)
  • Teruo Ono (Kyoto University)
  • Michihiko Yamanouchi (Tohoku University)

4th Feb. Friday

  • Tetsuo Endoh (Tohoku University)
  • Brad Engel (Everspin)
  • Takahiro Hanyu (Tohoku University)
  • Kijoon H. P. Kim (Samsung Electronics)
  • Vladimir Nikitin (Grandis)
  • Po Kang Wang (MagIC Technologies)
  • Hiroaki Yoda (Toshiba)
  • Nick Yu (Qualcomm)
テーマ:サイエンス
ジャンル:ニュース

院生・ポスドクのための研究人生サバイバルガイド (ブルーバックス) 』を読了。博士後期課程、ポスドク、若手研究者に向けて、現代の日本におけるキャリアアップのしかたを記した本。

前に読んだ博士漂流時代 』と比べてアカデミックキャリア寄りである。特に、さきがけ, NEDOなどのグラント申請の方法に関して詳しく記されている。 この辺りは誰かに教えてもらえる部分ではないと思われるので、著者の豊富な知識が反映されており、ためになると思う。

この本でもやはり博士余りが指摘されているので、アカデミック以外の道も模索すべきなのかも知れない。

テーマ:サイエンス
ジャンル:ニュース

30代で年収3000万円を実現した300人に聞いた!稼げる人 稼げない人』を読了。 「ゼロから稼ぐことができる人」とはどういう人なのかについて調査・報告している本である。

「30代で3,000万円」とあるが、何もお金を稼ぐための方法論ではない。 いろいろな成功のしかたがあると思われるが、いずれにせよ「本気で働く」ことが重要だそうだ。 「俺は本気で働いてるよ?」という人もいると思われるが、本気で働くのは必要条件であって十分条件ではないようだ。

てっとり早いのは、目標とする人の元に「弟子入りする」ことらしい。 さっそく知り合いの先生の元に弟子入りできるように、アプローチを開始しなければ。 人生は有限、急がなければならない。

テーマ:読んだ本。
ジャンル:本・雑誌

博士漂流時代 「余った博士」はどうなるか? (DISCOVERサイエンス)』を読み終えた。

明らかに政府の失策であり、ポスドクに対する今後の展望も無いのだから、本当暗い話ばかりが並んでる。 「結局はポスドクの自己責任」という話になっている。 政府やそれを利用した教授陣を恨んだところで、自分に仕事が回ってくる訳ではない。

第4章 博士は使わないと損の「博士+X」を実践することが肝要だろうか。 本書の言う通り、優秀である博士が世に出ていき、科学・技術を広めることで、世の人々の科学に対する理解を深めていくべき。

テーマ:読んだ本の紹介
ジャンル:本・雑誌

灘校出身の著者による『灘校 なぜ「日本一」であり続けるのか (光文社新書)』を読了。 筆者の推測が多く、個人的にはあまり楽しめなかった。データもあまり納得できない。 内容が相当薄いが、「世界のエリート校」については若干楽しめた。

灘は中高一貫教育であるから、灘高では無く灘校と書くことに読み終えてから気付いた。

テーマ:読んだ本。
ジャンル:本・雑誌

こういうサイトがあると、iPadが欲しくなってしまう。

iPadZine - 無料の電子書籍投稿サービス

テーマ:いいもの見つけた!
ジャンル:日記

Nature今週号のScience scornedによると、反科学勢力が力を増してるという話。 サラ・ペイリン氏なんて「研究なんて金の無駄」なんて言ってるらしい。電気とか携帯電話を使わない人なのか?

世界的にはアメリカが後退することは損失なのだろうが、日本的にはバランスが取れるんじゃないかと期待。

“The country's future crucially depends on education, science and technology.”
なのだから。

科学世界全体がしぼんでしまう可能性が高いが...

テーマ:サイエンス
ジャンル:ニュース

大手小町アカポスから海外ポスドクへの転身はありでしょうか?において、在米さんの回答の中の、

A氏は「これまでに大きな失敗したことはあるか?」と聞かれ、「たくさんの失敗を重ねてきたが、後悔はしていない。後悔しているのは失敗を恐れて挑戦しなかったことばかり」とおっしゃっておられました。
に泣いた。 人生とは失敗の連続であり、失敗して当然なのになぜ挑戦しないのか、ということか。

自分も人生を変えるために会社を辞めて学生からやり直したのに、すっかり初心を忘れてしまっていた。 周りを見れば、手を差し伸べてくれている方々がいるのに、どっぷりぬるま湯に浸かってしまって、全く恩返しができていない。

歳は取ってしまったけど、もう一度思い出せ、俺。

テーマ:日記
ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。