上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GIGAZINEで「CDを1分間に3万5000回転させると粉々に」なる様子が紹介されている。

ターボ分子ポンプと同じで、大気中で高速回転させるとほこりや分子などがぶつかって壊れるんじゃないだろうか?

しかし、ターボ分子ポンプが急停止すると飛んでくるなんて危険だ...

スポンサーサイト

原子間力顕微鏡(Atomic Force Microscope: AFM)を使ってリソグラフィをする話。 AFMチップを温めることによって、各種レジストポリマーを熱し、ポリマーを変性させている。

High-Speed, Sub-15 nm Feature Size Thermochemical Nanolithography

真空に引けるAFMと高温まで耐えられるAFMチップがあればゴニョゴニョ...

テーマ:大学生日記
ジャンル:日記

SiO2と薄いSi膜との相互作用、およびSiの表面効果によって、デバイスを小さくした場合でもキャリアが発生して、伝導が起きるという話だろうか?

"Transport news", Nature 439 (2006) 671.

テーマ:大学生日記
ジャンル:日記

電極にコバルトを用いて、単層カーボンナノチューブスピン偏極させた電子を注入させた実験。 8.2Kから0.1Kまでの低温で磁気抵抗(magnetoresistance: MR)を測定したら、MR特性が出て、典型的なトンネルMRデバイスのヒステリシス特性を示したとのこと。 多層カーボンナノチューブでの実験と異なり、滑らかにMRが変化しているのは、単層カーボンナノチューブに欠陥や曲がりなど、またコバルトとの接触の影響があるからだろうとのこと。 ナノチューブの直径は約3 nm, コバルト電極間は約1.5μm。 スピン散乱長の見積りは、4.2 Kで約1μmとのこと。

"Spin-injection properties from mesoscopic Co electrodes to single-walled carbon nanotube", Physica E 18 (2003) 210.

テーマ:物理学
ジャンル:学問・文化・芸術

いくつかのサイトに分かれてしまっている論文検索を一元化できないかなと調べていたら、マイクロソフトLive Search Academicが便利そう。 BibTeXのコードも吐いてくれるなんてステキだ。

テーマ:大学生日記
ジャンル:日記

メモ。V30開発秘話が気になる。

蘇るPC-9801伝説 永久保存版 第2弾

テーマ:読みたいor欲しい本
ジャンル:本・雑誌

夢への滑走路(名も無きポスドクの愉快な旅)さんで紹介されていたNHKスペシャルラストメッセージ 第2集「核なき世界を 物理学者・湯川秀樹」を見たかった。 研究室のVAIOが修理から帰ってきたことを思い出して、タイムマシンで録画されているとウキウキしながら録画状況を調べたら...また壊れてる。本当、SONYは使えない。SONYにはがっかりさせられっぱなしで、もはや言うこともないけど、売りの機能が使えないなんて詐欺だな。

しかし、重要な番組の放映時間は、あらかじめリマインダを自動的に送るようにすべきだな。Googleアラートでもを使って。

テーマ:大学生日記
ジャンル:日記

シンガポール出張を、はてなダイアリーにしてみた。 マップとブログと写真をもっと連携させられれば良いんだが。

研究に関することを書いてないな...そのうち気が向いたら書こう、覚えていれば。

テーマ:大学生日記
ジャンル:日記
Office 2004 for Mac Standard Edition アカデミックパックが、5/14(月)まで5,000円キャッシュバックだそうだ。
当然、アカデミックである必要があるけれども。
16,520円か。Officeとしては安いのかも知れないなぁ。
Firefox上のブログエディタ Performancingが、ScribeFireという名前に変わってた。

しばらく使ってなかったけど、また使ってみようかな?fc2提供の投稿ページだと、いろいろいじっている間に書いていたものが消えたりして、悲しい現実が待っていたりするし。
テーマ:大学生日記
ジャンル:日記

単層カーボンナノチューブのカイラリティの変化を、ラマン散乱分光測定により観測した話。 近接場ラマン散乱分光の二次元マッピングにより、カーボンナノチューブの共鳴ラマンであるRBMが途中で変化していることを確認している。このラマンシフトから、カーボンナノチューブのカイラリティを見積もっている。

Chirality Changes in Carbon Nanotubes Studied with Near-Field Raman Spectroscopy

近接場ラマンを使えば、分解能40 nmかぁ。うらやましい...

テーマ:物理学
ジャンル:学問・文化・芸術

数学教師からチューリング賞受賞者になるまで
より。

-より多くの若い人に、数学や科学、技術に興味を持たせるにはどうすればいいと思いますか。

いい答えはありません。それらは大きくて難しい問題です。

そうか~。無いのか...

テーマ:大学生日記
ジャンル:日記

メモ。化学関連のことを調べたい時に便利かも?

化学書資料館

テーマ:大学生日記
ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。