上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二番では駄目なのか。 なぜ一番じゃなければならないのかモヤモヤしていたのだが、一つの回答を見付けた。

島岡要先生の『やるべきことが見えてくる研究者の仕事術―プロフェッショナル根性論 』P.60、科学研究費を政府官僚に直接陳情する機会という架空のシチュエーションにおいて。

官僚:「そうですか。ところであなたの研究は、その分野では日一なのですか?」
研究者:「(やや謙遜しつつ)この分野は広いですので、私が1番というわけではないですが…」
官僚:「では、貴重な国民の税金を1番の方でなく、どうしてあなたに使わなくてはならないのですか?
研究者:「……」
その通り。

まさしく今回のスパコン事業仕分けでは、官僚, 研究者をそれぞれ事業仕分け人, 答弁者に置き換えたもの。 答弁した官僚が当該研究について、その意味を理解していなかったことが今回の結果につながったようだ。

池田信夫氏のblogの記事「スパコンの戦艦大和「京速計算機」」を読むと、理研のスパコンは純粋に研究目的というより、ほぼ公共事業のようだ。 完成させた後も保守でウマいというアレだな。

第五世代コンピュータって懐しい単語が出てきた。Σプロジェクトとか、民間が関わるとろくなことがないな。

スポンサーサイト

秋保温泉ホテルクレセントで行われたスピントロニクス研究会の入門セミナーに参加してきた。

各講師の先生方のレクチャーにより、基礎から最新の動向まで色々と知ることができた。 グリュンベルグ先生のギター生演奏を拝聴するという貴重な経験もできた。 個人的には、齊藤英治先生の熱い話が分かり易かったが、まだ1日目だったからという訳ではないと信じたい。 夜の交流会が盛り上がり過ぎて、2日目が辛かったのはここだけの秘密。

開催に尽力して頂いた先生方に感謝。

テーマ:サイエンス
ジャンル:ニュース

なかなか入荷されなかった『iPhone情報整理術 ~あなたを情報’’強者’’に変える57の活用法!(デジタル仕事術シリーズ)』を、ようやく入手。 現役の理系研究者であり、人気ブログLifehacking.jpの著者でもある堀正岳博士らによるiPhone活用本。

小飼弾氏が(iPhone|iPod Touch)オーナー必携! - #書評_ - iPhone情報整理術で絶賛していたので購入してみたのだが、なかなか手に入らず、期待だけが大きく膨らみ過ぎたのか、それほどでも無い気がした。 本書のはじめにで述べられている通り、まずはこの考えを直す必要があるのかも知れないが。

それでもいくつか役に立ちそうではある。

ボイスメモ
学会やセミナー等の発表の練習時に声を録音して、修正の参考にしたい。自分のは残念ながらiPhone 3Gなので動画を撮ることができないが、3GSでは録画もできるので、発表時の仕草やクセなども確認できると思う。
食べログ
学会などの出張で訪れる場所でおいしいお店を探すのに使えそう。難点は、海外では(パケット代が怖くて)使えないことか。いいかげん、安いローミングを提供して欲しい。

重版を重ねてようやく書店に並ぶようになったので、iPhoneユーザーは、一度目を通してみると良いかも知れない。 iPhoneに興味が無い人も、何かの参考にはなるかも?

テーマ:この本買いました
ジャンル:本・雑誌

日本人とナノエレクトロニクス』に、ちょっとだけ研究室が紹介されていた。

応用物理の各分野の歴史と日本の貢献が分かり易く解説されていて、入門前の本として面白そう。

テーマ:気になる本・雑誌
ジャンル:本・雑誌

大学院生物語というタイトルだが、大学院生を指導する研究者の苦労話である。 これから研究室に入る大学生、研究室に所属している大学院生には、研究所の内情が分かって面白いと思う。 研究者には、だいたい共感できる内容だと思う。 エッセイ集なので、軽い気持ちで読める本。

「努力は人を決して裏切らない。」 努力している人のみが言える言葉だ。

テーマ:この本買いました
ジャンル:本・雑誌

当事者の生の声を全く聞かず、財務官僚の言う通りに勝手に決めることのどこが国民目線なのか。

『科学』傷だらけ iPS細胞生んだ事業や科学未来館
次世代スパコンSpring-8、さらには学振までもが削減対象。 未来への投資なしに、国を維持できるのか?

小泉政権時以上に酷い状況になってきた。 近い将来、現在の日本は黒歴史になるに違いない。 歴史すら残らないかも知れないが...

テーマ:サイエンス
ジャンル:ニュース

この国は、今年度中に本当に終わるようだ。

事業仕分け:スパコン「事実上凍結」…巨艦主義見直せ
「世界一不要論。」 政治はそれでいいのかも知れない。 せいぜいあるのは、軍事力世界一だけだろう。 軍事力の前に政治なんて全くもって無力で無意味だし。

だが、理系は違う。 知恵を絞って出した研究テーマで世界一を狙う世界。 しょせん文系とは世界が違う。 理解できなくて当然。

理解できないのはまあいい。 勉強してくれ。 理解しないのは腹立たしい。 内容が分からないから聞かない。 最初から理解する気が無いんだったら、仕分け人を辞退すべきだろう。 害悪だ。

科研費などの競争的資金の削減も決定されたようだ。 資金一元化の議論は理解できないでもない。 でも、削減する理由が分からない。 3,962億円は本当に多いのか? 多いと思うから多いのであって、仕分け人、主計官ともに始めから議論する気がない。 思考が完全に停止してしまっている。

結局、中身の無い政党がやってるパフォーマンス。 この国を一日でも早く終わらせるための演出に違いない。

最初から結果が決まっている茶番なんて、ネット中継なんてしなくていい。 税金の無駄遣い。

テーマ:サイエンス
ジャンル:ニュース

子供のためという御旗の元、切り易いところからまず切るようだ。まずは科学技術関連施策の費用からということらしい。

科学技術関連の事業仕分けに時間は十分か
これほどの数の事業を、1件1時間にも満たない時間で議論なんてできるものなのだろうか。 内容をほとんど理解していないと思われる素人のメンバーで。

国の行く末を左右する大事な政策見直しの場に、科学者・研究者は居るのか心配になった。

事業仕分け:急先鋒「民間仕分け人」 厳しい判定連発
ほぼ文系集団か。 松井孝典先生だけが一縷の望み。

財務省主計局によって選定された無駄事業、議題に上げられただけで結果はもう決まっている、という話がある。 結局、この国は何も変わってないどころか、これからどんどんひどくなっていく一方かも知れない。

テーマ:サイエンス
ジャンル:ニュース

政党のマニュフェストに書かれていなかったという理由で、一国の科学・技術政策が左右されていいのだろうか。

科学技術振興費、来年度は27年ぶり前年割れ見通し
今年度に比べて109億円減、約0.8%の減少。 いくつか今年度予算の執行を停止・延期しているが、政権与党として、この国をどうしていくつもりなのか早く示して欲しい。 このままでは科学技術立国が沈んでしまう。

テーマ:サイエンス
ジャンル:ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。