上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

院生・ポスドクのための研究人生サバイバルガイド (ブルーバックス) 』を読了。博士後期課程、ポスドク、若手研究者に向けて、現代の日本におけるキャリアアップのしかたを記した本。

前に読んだ博士漂流時代 』と比べてアカデミックキャリア寄りである。特に、さきがけ, NEDOなどのグラント申請の方法に関して詳しく記されている。 この辺りは誰かに教えてもらえる部分ではないと思われるので、著者の豊富な知識が反映されており、ためになると思う。

この本でもやはり博士余りが指摘されているので、アカデミック以外の道も模索すべきなのかも知れない。

スポンサーサイト
テーマ:サイエンス
ジャンル:ニュース

30代で年収3000万円を実現した300人に聞いた!稼げる人 稼げない人』を読了。 「ゼロから稼ぐことができる人」とはどういう人なのかについて調査・報告している本である。

「30代で3,000万円」とあるが、何もお金を稼ぐための方法論ではない。 いろいろな成功のしかたがあると思われるが、いずれにせよ「本気で働く」ことが重要だそうだ。 「俺は本気で働いてるよ?」という人もいると思われるが、本気で働くのは必要条件であって十分条件ではないようだ。

てっとり早いのは、目標とする人の元に「弟子入りする」ことらしい。 さっそく知り合いの先生の元に弟子入りできるように、アプローチを開始しなければ。 人生は有限、急がなければならない。

テーマ:読んだ本。
ジャンル:本・雑誌

博士漂流時代 「余った博士」はどうなるか? (DISCOVERサイエンス)』を読み終えた。

明らかに政府の失策であり、ポスドクに対する今後の展望も無いのだから、本当暗い話ばかりが並んでる。 「結局はポスドクの自己責任」という話になっている。 政府やそれを利用した教授陣を恨んだところで、自分に仕事が回ってくる訳ではない。

第4章 博士は使わないと損の「博士+X」を実践することが肝要だろうか。 本書の言う通り、優秀である博士が世に出ていき、科学・技術を広めることで、世の人々の科学に対する理解を深めていくべき。

テーマ:読んだ本の紹介
ジャンル:本・雑誌

灘校出身の著者による『灘校 なぜ「日本一」であり続けるのか (光文社新書)』を読了。 筆者の推測が多く、個人的にはあまり楽しめなかった。データもあまり納得できない。 内容が相当薄いが、「世界のエリート校」については若干楽しめた。

灘は中高一貫教育であるから、灘高では無く灘校と書くことに読み終えてから気付いた。

テーマ:読んだ本。
ジャンル:本・雑誌
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。