上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EPICS R3.14 Channel Access Reference ManualFirewallsにちゃんと書いてあるんだけど、EPICS on Linux使って通信する場合、iptablesでポート開放してやる必要がある。

CAクライアントの場合は

-A INPUT -s 192.168.0.0/22 -p udp --sport 5064 -j ACCEPT
-A INPUT -s 192.168.0.0/22 -p udp --dport 5065 -j ACCEPT
CAサーバーの場合は
-A INPUT -s 192.168.0.0/22 -p udp --dport 5064 -j ACCEPT
-A INPUT -s 192.168.0.0/22 -p tcp --dport 5064 -j ACCEPT

マニュアルはちゃんと読まないとダメだな…

スポンサーサイト
テーマ:Linux
ジャンル:コンピュータ

目標

  • Scientific Linux + EPICSインストール
  • LabVIEW FPGAで32bit SerDes作成

結果

EPICS baseコンパイルのみ。クライアント類はコンパイルできず。

SerDesはテスト環境を作るのが面倒なので、チェックを先送り

テーマ:日記
ジャンル:日記

今日の目標

  • 顕微鏡システムのソフトウェア部分の大枠を作成
  • 論文修正してメール

LabVIEW FPGAではじめる計測・制御』という本が出ていたので、さっそく注文しておいた。

論文修正は夏季休業へ後回し。プログラム大枠にも手をつけられず…分からないところで時間が取られてる。Scientific Linuxはインストール完了。
テーマ:日記
ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。