上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3次元Y/C分離が気になったので、ぐぐってみた。 DOS/V POWER REPORT記事が詳しくて分かり易い。

日本のTV放送の電波には、輝度信号(Y)と色信号(C)が混合されていて、Y信号とC信号を分離するのがY/C分離技術だ。 Y/C分離には、1次元, 2次元, 3次元とあり、次元が高いほどキレイになるみたい。

でも、ディジタル放送が始まれば、Y/C分離技術の必要がなくなりそうな気がする。

デジタルハイビジョンテレビ 東芝 FACE 32DX100

東芝独自の先進技術を凝縮したデジタル処理システム。「地上デジタル放送対応」「高画質処理」「インターネット機能」などにおいて、より高性能を実現。リモコンの「一発ネット」ボタンを押すだけでインターネットブラウザが起動。あとはリモコン操作だけで手軽にインターネットが楽しめる。
スポンサーサイト
テーマ:テレビなんでも
ジャンル:テレビ・ラジオ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
TOSHIBA/東芝 32型 FACE DIGITAL 32DX100 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンテレビ TOSHIBA/東芝 FACE DIGITAL 32DX100の価格比較 [FACE DIGITAL 32DX100] ■"face"デジタルブラットフォーム 東芝独自の先進技術を凝縮したデジタル処理システム。 「地上
2006/01/13(Fri) 21:07:55 |  テレビは安い方が良い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。