上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山猫さんの記事によると、CNET Japan記事でiPod課金についての議事内容が報告されている。 CD-R/DVD-Rには私的録音録画補償金が課金されているのだから、iPodなどの録音機器もちゃんと払え! 払わないのであれば、PCからiPodへデータ転送できなくしてしまえ! とのことだそうだ。 色々議論するのは良いけど、頭の悪いやつらが参加してもしょうがないんじゃないかと思うぞ。

そもそも、

何が問題なんだろう? 著作権を払いたくない、という訳ではない。すでに払っているのに、なぜ払わなきゃいかんの?ということだ。

しかし、どうしてこういう権利者団体と呼ばれる集団は、金の回収に関してだけは真剣なんだろうか。 巻き上げに熱心になる前に、著作権料徴収後の流れを透明化, 正常化することが先決じゃないだろうか。 iPodやiTunes Music Storeが日本のシステムをぶっ壊してくれることを強く願っている。 今こそJASRACを倒す時だ。

参考

スポンサーサイト
テーマ:音楽ニュース全般
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。