上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数々の発明(?)で有名なドクター中松氏が、ついにイグ・ノーベル賞を受賞したそうだ。

イグ・ノーベル賞とは、まず人を笑わせ、次に考えさせた業績に対して与えられる栄誉ある賞だ。これまでも、「ジッパーにペニスが挟まった患者に対する適切な処置法の解説」や、「ブラック・ホールによって地獄の位置が特定できることの発見」といったすばらしい研究に対して賞が贈られている。

受賞の記念品の授与には、本物のノーベル賞受賞者が行うらしい。 また、受賞者に与えられるスピーチ時間は最長60秒で、これを過ぎると、ミス・スイーティー・プーというかわいらしい女性が「もうやめて、飽きちゃった。もうやめて、飽きちゃった。もうやめて、飽きちゃった」と連呼するらしい。

真剣に研究に取り組んでいる研究者、そして真剣にイグ・ノーベル賞の選考に取り組んでいるイグ・ノーベル賞選考委員の方々に敬意を表したい。

イグ・ノーベル賞 大真面目で奇妙キテレツな研究に拍手!

イグ・ノーベル賞とは、世間を(1)笑わせるか(2)考えさせた人に贈られる、いわゆる「裏・ノーベル賞」。授賞式はハーバード大学で行われる。思春期における「鼻クソほり」の研究、バウリンガルなど歴代受賞研究を大公開。
スポンサーサイト
テーマ:雑学
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
そんなノーベル賞もあるんですね^^楽しいですね~~。堅苦しいノーベル賞だけでなく、こんな砕けたのも良いかもしれないですね。
2005/10/12(Wed) 17:07 | URL | みゆ | 【編集
> みゆさん
ほとんどの人はあまりのバカバカしさに笑ってしまうんですが、たまに怒っちゃう人もいるみたいです。
ジョークなんですから、笑って許せばいいんじゃないかと思いますよね。
2005/10/19(Wed) 15:40 | URL | nobby | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。