上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私たちは、宇宙について本当は何を知っているのでしょうか? 私たちが正しいと思っていることは、本当に正しいのでしょうか? 宇宙はどこから来て、どこに行くのでしょうか? 『ホーキング、宇宙を語る』でも取り上げていたこの根源的な問題に対して、現代までに考えられてきた重要な発見・理論のポイントを、よりわかりやすく説明するとともに、最新の理論や観測の成果を盛り込んだ、ホーキング博士待望の新刊!

ホーキング、宇宙を語る―ビッグバンからブラックホールまで』が日本で出版された頃、自分はまだ中学生だった。内容は全く分からなかったが、科学とはなんとすばらしいんだろう、と感じていたような気がする。

ファインマンさん 最後の授業』のレナード・ムロディナウ氏も著しているようだ。 こちらは、死期が近づいていた天才科学者と若き科学者との対話を通して、人生について記した感動の作品だ。

スポンサーサイト
テーマ:気になる本・雑誌
ジャンル:本・雑誌
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。