上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巷ではオニヨメ(実録鬼嫁日記, 鬼嫁日記)が人気のようだが、オタヨメも熱い!(と思う...) 作者は、巷でバカ売れの「働きマン」の安野モヨコ女史だ。

監督不行届』は、 「モヨ」こと安野モヨコ氏と「カントクくん」こと庵野秀明監督の心温まる(?)結婚生活を描いたマンガだ。 庵野秀明氏と言えば、『トップをねらえ! (リマスター版)』, 『ふしぎの海のナディア』, 『エヴァンゲリオン』など、現代オタクブームの礎を築いた一人だ(と思う)。庵野氏は、世界に誇る日本のオタク四天王の一人だ。他の3人は、岡田斗司夫氏, 唐沢俊一氏, 竹熊健太郎氏らしい。

このマンガを楽しく読み進めていて思ったこと...も、もしかして自分はオタクなのか? 気付いていないのは自分だけで、周囲からは「真性オタク」に見えていたのだろうか?

スポンサーサイト
テーマ:オススメ!
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
気付いてなかったのか…w
少なくとも我々SSOBは、皆気付いてましたよw


2005/11/10(Thu) 19:24 | URL | taa | 【編集
心配しなさんなって
世の中にはnobby氏よりオタ臭の強いひと沢山いますから。

オイラの日記の「生きた墓標」にコメント書こうと思って

「DNAと魂」の関連から『皇帝の新しい心』を経てエヴァンゲリオンの論文に辿り着いた。
今日はほとんどその論文を読むことに費してしまったorz

「生きた墓標」への返事は明日にお預け。
2005/11/11(Fri) 00:51 | URL | あま | 【編集
> taaさん
そ、そうだったのか...OTL
ということは、同じ匂いがするtaa氏も?
2005/11/12(Sat) 17:53 | URL | nobby | 【編集
> あまさん
エヴァはよく見てなかったので、よく分からんのですよ。
あまり考えずに見ればいいのかも知れないけど。
2005/11/12(Sat) 17:55 | URL | nobby | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
nobby氏が読んだ「監督不行届」気になったので私も購入してみました。カンファレンス帰りに渋谷の文教堂にて購入しました。(併せてマニア度が超高い永野護のFool for the cityも購入)…。改めて自分がヲタで、嫁さんがドノーマルだなと痛感させられましたwそ...
2005/11/13(Sun) 00:40:21 |  はんだごてどろり。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。