上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロボットフェスティバル in TOYAMA」へ行ってきた。目的は、マクロスの人とパトレイバーの人のトークショー河森正治氏が、壇上でアクエリオンを合体変形させているのが印象的だった。

ロボットと言えばASIMOといった感じだが、残念ながらASIMOのショーは11/3だったようだ。 しかし、産業総合技術研究所 知能システム研究部門 ヒューマノイド研究グループ川田工業他のHRP-2 Promet会津磐梯山を踊るところはバッチリ見ることができた。動きにロボット感は残っていたけど、かなりスムーズに踊っていた。

ブースではガンダムコーナーやマクロスコーナーも用意され、さまざまなプラモデルが飾られていた。 完全変形バルキリー ロイ・フォッカー機欲しい...

ASIMOも走れるようになり、日本のロボット研究・開発はかなり進んでいるようだ。

スポンサーサイト
テーマ:おもちゃ
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
ところでkiroro2人とも結婚してたんですね^^

最近は、アナウンサーなどみんな嬉しいニュースが続いて

ウキウキ気分になりますね。

2005/11/06(Sun) 11:48 | URL | 『フォーww』を聞くと胸がうずく男。 | 【編集
日本のロボットは
最近本当に素晴らしい動きをしますね。
OSはやっぱりμITRONなんでしょうか。

Unix系OSがリアルタイム系の制御に使われる日は来るのかな?>やっぱり無理か?
やっぱりマルチOSで制御系と情報処理系は別OSになるのでしょうか。

それはそうと、ロイフォッカー機。
熱いですね!
昔僕も完全変形のプラモデル持ってました!
2005/11/07(Mon) 23:05 | URL | taa | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。