上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはりMacOS XFreeBSDと違う。 NFSをmountするだけで一苦労だった。 どうやら、MacOS Xは、NFSにLinuxやFreeBSD等と異なるportを使っているらしい。

以下、NFSマウントする方法。

  1. マウントポイントを作成する。
    # mkdir (mountdir)
  2. ユーティリティからnetinfoマネージャを開く。
  3. 鍵マークをクリックし、編集可能にする。
  4. mountsに新規追加する。
  5. 以下のエントリを追加する。
    name(server):(nfsdir)
    dir(mountdir)
    vfstypenfs
    optsresvport,rw,intr
  6. 鍵マークをクリックし、"保存" & "このコピーのアップデート"をする。
  7. MacOS Xを再起動する。
finderで(mountdir)にアクセスすると、マウントされているのを確認できる。 optsにnetオプションを追加すると、/Network/Servers以下にマウントされる。

参考:

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
う~む
nfsdはPort 2049でもmountd, lockdついでにstatdなんかもportmapper頼みですからね。

それにしても面倒だね。
UNIXスタイルから縁遠く感じるよ。
2005/11/09(Wed) 16:25 | URL | あま | 【編集
確かに
NFSはwell-known portを使う訳じゃないし、どんなport noを使おうがそれは別に良いのでしょうが…
しかしまぁ、Unixベースならばnfsdは2049を使うのが慣例な気がします。

…うちのminiは嫁さんのメーラ兼リッピングマシンなので良くわかりませんが(涙
2005/11/09(Wed) 23:47 | URL | taa | 【編集
> あまさん
そうなんだよ~。
BSDと全然違うんだよ~。
/etc以下で管理するのと違って、ディレクトリサービスで全てを管理してるらしいんだよね。コマンドさえ覚えれば、まぁ同じなんだけど。
2005/11/12(Sat) 17:43 | URL | nobby | 【編集
> taaさん
miniは、iTunesサーバーとして活躍するしか?
2005/11/12(Sat) 17:45 | URL | nobby | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。