上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Winnyの技術 P2P ファイルの達人 P2Pがわかる本

INTERNET Watchの記事「 Winny開発者の裁判に村井教授が証人として出廷、検察側の主張に異議」によると、慶應大学の村井 純 先生がWinny裁判に召喚されたらしい。

記事では、京都府警が実験を行ったとあるが、京都府警巡査、Winnyで個人情報流出のことだろうか。現実の環境を使って実際に捜査書類の流出実験を行うなんて、仕事熱心な警察官だよなぁ。

しかし、Winnyを使って不正にソフトウェアを入手していた警察官は逮捕されず、Winnyの作者が逮捕されるなんて職権乱用以外の何者でもないな。 そのうち、京都の街を歩いているだけで逮捕されかねないぞ。

あと、裁判官や検察官の教育もちゃんと行って欲しい。 10代後半から20代前半に暗記力があっただけで、その後裁判官を続けているんだから、危険なことこの上ない。 司法試験合格者数を増やしているから、今後、裁判官のレベルが下がることは必至だし。

スポンサーサイト
テーマ:気になるニュース
ジャンル:ニュース
コメント
この記事へのコメント
そうなんだ
司法試験の合格者増えてるんですか?今弁護士とか人気ありますよね。医者より人気上昇?
2006/02/18(Sat) 20:31 | URL | みゆ | 【編集
> みゆさん
現在、年1,500人程度を合格させているようです。
ちょっと前に、全国に法科大学院が作られましたよね。将来的には、これらを合わせて年3,000人程度を目指しているようです。
人のこと言えませんが、合格者数を増やすとレベルが下がるだけだと思うんですけどね。
2006/02/20(Mon) 00:03 | URL | nobby | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。