上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経Automotive Technology 2006年春号の特集は、見えてきた次世代エンジン。 キーとなるのは希薄燃焼のようだ。 理論空燃費よりも薄い状態で燃焼させる訳だが、現在の触媒では排気ガスを浄化できないそうだ。 燃費か排ガスか、トレードオフのようだ。

スポンサーサイト
テーマ:国産車・外国車
ジャンル:車・バイク
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。