上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30日でできる! OS自作入門』をサクサク読み進めている(コードを追ってないので...)のだが、なかなか面白い。 とりあえず動くOSを!ってところが、OS素人にはウレシイ。 1から作るので、しがらみもないようだし。

本を読み進めていくと、OSを作るというよりも、アセンブラやプログラミングの勉強本のような気がしてくる。OSについて知りたいなら、別の教科書を読んだ方が良いだろう。タネンバウム本とか。

この本のすごいところは、実際に動くOSを作ることができることだろう。OSの教科書をいくら読んでも、OSを作れるようにはならない。 教科書が基礎編なら、こちらは実践編だ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。