上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実験の合間によく本を読む。 研究に関係無いものばかりだけど。 難しい本や論文を読むと、眠くなってしまうのだ。 寝てしまうと実験に失敗してしまうおそれがあるので、軽めなのがちょうど良い。

今日は、蒸着やAFMの待ち時間に『王様の速読術』を読んだ。 速読術を学ぶ本なのだが、面白いのでアッという間に読んでしまった。 それこそ速読な感じで。

内容は、流行り(?)のフォトリーディングだ。 まず、30分で読むことを決意する。 これがないと、ダラダラと読んでしまうからだ。 で、その30分を3段階に分ける。

  1. プレビューに5分
  2. フォトリーディングに5分
  3. 残りの20分でスキミング
普通のフォトリーディング本なら、これで「ハイ終わり」なんだろうけど。 王様の速読術の著者は元々理系の研究者だったようで、専門書や最新情報を読む方法などについても記述している。 本にもいろいろあるので、一通りだけじゃ対応できないのは納得。

さっそく実践してみよう。 これで賢くなったら、この本のおかげだな。

スポンサーサイト
テーマ:読んだ本。
ジャンル:本・雑誌
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。