上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Apple Mac mini 1.83GHz Intel CoreDuo 512MB 80GB スーパードライブ(DVD+R2層記録式)[MA608J/A] 訳あって、PowerMac G4G5の間でSkype通話できるように設定を行った。 結果としては、まぁまぁうまくいったんだけど... Macのハードはダメだな。 どういった客層にPCを売ろうとしているのか理解できん。

まず、G4のマイク端子は、Apple Plain Talkとかいう独自仕様。 普通に売られているマイクは挿さらない。 Plain Talkのダサいマイクはあるのだが、これじゃ不便だというので、USBヘッドセットをつないでみた...マイクが動作しない...とりあえずはPlain Talkでいくことに。

次に、G5。 端子は通常のミニ(?)ピンジャック。 今度は問題ないかと思ったら、声を全然拾わない。 ネットで調べてみたら、マイク端子ではなくライン入力端子のため、アンプが必要とのこと...アホですか、この仕様は。 電池内蔵型のマイクをつないでみると、G5本体からはほとんど聞こえない。 Skypeで通話する分には、十分な大きさの声が聞こえるので、まぁよしでしょう。

しかし、何とかならんもんかな、Appleは。 PC用MacOS Xが出れば、ユーザーにとっては何の問題も無い気がするのだが。

スポンサーサイト
テーマ:今日の出来事
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。