上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一日一論文を読んでいこうと思ったんだけど... しょっぱなから斜め読み...マイペースでいこう。

Single-Walled Carbon Nanotube Growth from Highly Activated Metal Nanoparticles

東京理科大本間先生のところ。 Fe, Ni, Coといった3d金属以外でも、単層カーボンナノチューブ(SWNT)を合成できるという話。 そう言えば、CRESTの領域横断ワークショップでそんな話をされていた気がする。 3nm以下のサイズの触媒微粒子がカギらしい。 この結果から、どんな元素でもナノサイズならSWNTが合成できるんじゃないかと予測している。

アルコールCCVD法により、Au, Ag, Pt, Pd, Cu触媒を用いてSWNTの合成できている。 う、うらやましい...

スポンサーサイト
テーマ:大学生日記
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
実は…
本間先生には一昨年の演習の講義で、今年は物性論の講義でお世話になりました
普段は物静かで丁寧な先生ですが、ひとたびプレゼンテーションとなると非常にかっこよくなる先生であります
あまり内容と関係なくてすいません
専門とはならないかもしれませんがナノテクは興味を持っています
2006/12/06(Wed) 01:10 | URL | やっさん | 【編集
> やっさんさん
そうなのですか~!
物性論とは、また難しい授業を...必修なのでしょうけど。先生(に限らずですけど)のカッコイイところは、どんどん真似していきたいところですね。
ナノテクといっても日本でも昔から研究されていた分野ですから、とにかく基礎が大事ですね。
2006/12/08(Fri) 04:23 | URL | nobby | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。