上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研究室のSONY VAIO Type-X (VGX-X90P)のビデオサーバーが完全に壊れた。 前回、修理に出したら、SONYの修理担当部署が「再現しないから直せない」と言っていた部分だ。修理から帰ってきた次の日あたりに再現しましたよ。もう、何を言っても無駄でしょうなぁ、SONYには。

今回、完全に壊れたことによって、DoVAIOのタイムマシンが全く機能しない...この機能、このPCの一番の売りなハズなのに。 SONYのことだから、修理に出してもまたソニータイマー入れて返してくるんだろうなぁ。

前回の修理でボッタくられたので、もう修理に出さないだろうなぁ。 国民の血税がもったいないし。 しかし、SONYの逆ギレビジネスモデルは何とかならんもんかなぁ?

スポンサーサイト
テーマ:VAIO
ジャンル:コンピュータ
コメント
この記事へのコメント
またっすか
他メーカーのPCを買いましょう
2007/05/13(Sun) 18:33 | URL | tohru | 【編集
> tohruさん
とりあえず、無くても使える機能ですからね。当分、放置ですかね。
2007/05/14(Mon) 01:50 | URL | nobby | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。