上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽天ブックスから、注文した『限界への挑戦 (私の履歴書)』が届いた。 エサキダイオードで有名な江崎玲於奈先生の本で、何かに連載されていたものらしい。 若い頃の自伝と、学長としてのいくつかの祝辞がまとめられている。

まだ全部読んでいないが、ベル研の入り口にあるアレキサンダー・グラハム・ベル胸像に刻まれているという言葉に心打たれた。

時には踏みならされた道を離れ、森の中に入ってみなさい。そこではきっとあなたがこれまで見たことがない何か新しいものを見いだすに違いありません。
江崎先生自身、この言葉で、日本という踏みならされた道を離れ、アメリカという森に入られたらしい。

スポンサーサイト
テーマ:大学生日記
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。