上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Survival Skills for Scientists』の訳本、『科学者として生き残る方法』を読了。 現在のアカデミック世界を生き抜くための、指南書である。 単なるノウハウ本ではなく、多くの事例、事実を提示しているため、参考にし易い。 物理屋さんが書いたこの手の本はめずらしい。

本書の対象は、博士課程の学生、博士課程へ進もうと考えている修士課程の学生、駆け出しのポスドクであると思う。 また、アカデミック世界のサバイバルな読み物として、助教、准教授、教授の方も楽しめると思う。

本書は、始めにと終わりに書かれている3つの基本原則

  1. 汝、おのれを知れ
  2. 汝、基本スキルを身につけよ
  3. 汝の隣人を知れ
を定め、これに従って書かれている。 1については、自分がどういう人間なのか、どういうタイプの研究者に向いているのか常に意識し、研究者としてのキャリアプランを立てる必要があるということ。 2については、アカデミックなゲームにはルールがある。そのルールに則ってゲームを続ける必要がある。そのためのスキルについては、本書で説明してある。

以下、抜粋(若干改変)。

期限を厳守すること
これはアカデミック世界に限らず重要。時間を守れない人は、他人の時間より自分の時間の方が重要だということをわざわざアピールしている。
勝ち目がなくても闘うこと(競技に参加せずに勝つことはできない)
ラテン語のことわざによれば、「運命は勇気あるものを助ける」そうだ。 アカデミックポストも助成金も、応募しなければ当たらない。
学会:どんな風に役立つのか
(1)宣伝とフィードバック,(2)情報収集,(3)広いネットワーク作り,(4)チャンスを探す。
科学とライティング
文章を書くときには、2種類の読者に好印象を持ってもらう必要がある。眼光鋭いプロフェッショナルの人たちおよび知識のある専門家の人たち。
博士論文
博士論文というのは、科学研究のトレーニングの重要な一環であり、結果として学位が得られる。
口頭発表とその構成
プレゼンテーションについての大抵のアドバイスは、プレゼンテーションでは、何をしてはならないかに力点が置かれている。

スポンサーサイト
テーマ:この本買いました
ジャンル:本・雑誌
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。